2015年07月31日

改めて「方舟 -Road To Paradise-」のご紹介

vector⇒http://www.vector.co.jp/soft/winnt/game/se510761.html

夢現⇒http://freegame.on.arena.ne.jp/roleplaying/game_3890.html

ふりーむ⇒http://www.freem.ne.jp/win/game/9701



慣れないものでめぼしい3サイトすべてにゲームをアップロードしちゃいました。

どうぞ好きなところからダウンロードしてください。

さて、改めて自作フリーゲーム「方舟」のご紹介をしたいと思います。

各サイトや以前の記事に書いていないことなんかをお話ししたいと思います。

難易度的には大作RPGの風格あるやわめな難易度です。(あくまで難易度の話)

つまり、どなたでも最後までクリアできるレベルだということです。

ランダムエンカウントはなくてほぼ固定敵です。たまにシンボルエンカウントが

ありますが余裕で避けられます、ええ。

バトルではスクリプトでオートバトルを搭載しています。

メニュー画面で優先するスキルを設定することができます。

かなり優秀なオートなので結構使ってしまうかも。

サブタイトルの-Road To Paradise-には二重の意味が込められています。

多分、察していただけると思うので詳しくは説明しません。

各章の主人公は必殺技を最大3発はなてます、が各主人公に対応する

魔石というアイテムが必要になります。これはコレクターアイテムでも

あるので、ゲームバランス的には必殺技は使わない方向で調整して

あります。どうしても勝てない場合なんかの時にぶっ放してください。

宝箱の中身は基本的にお金か無意味なレアアイテムのどちらかです。

正直、お金は無くても何とかなります。ましてや無意味なレアアイテムなど

捨てられないゴミみたいなものです。

だから、無理して宝箱をとろうとしなくてもいいんですよ。

ただ、エンディング後のスコアには影響しますけどね。

どうでもいいけど敵のやられエフェクトが自分では気に入っています。

長くなりましたので今日はここまで。

posted by ハザマダ at 18:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

自作ゲーム「方舟-Road To Paradise」配信開始

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/game/se510761.html

上記のベクターのURLにて自作ゲーム「方舟-Road To Paradise」を配信開始しました。

RPGツクールVXAceで制作しました。ですのでRTP(ランタイムパッケージ)が必要です。

もともとはVXで制作して放置していたものなんですが、

VXAceを買って作り直したという経緯があります。

ですので割と長い期間、断続的に制作活動をしていました。

多々、不備な点があるやもしれませんがどうぞ温かい目でプレイしてやってください。

また、様々なコンテンツから刺激を受けて作品を作ったのでそれらに大いに影響されています。

そこで私が特に影響を強く受けたと思われる作品をピックアップしていきたいと思います。

ゲームだとサガですねやはり魔界塔士を筆頭にシリーズ全般から着想を得た部分があります。

マンガからも影響を受けています。特にジョジョはかなり重要な存在です。

アニメだったらガンダムにヒントを貰っていますね。

具体的にどの辺かというのはプレイしていただければよくわかると思うのであえていいません。

他にも哲学用語的なものをモチーフにしたりもしました。

要するにこういう作品は一人の頭の中で完結するものではないのでしょうね。

先人たちとその作品に対しての感謝の気持ちでいっぱいですね。

勿論フリーで提供していただいた各素材主の皆様にも非常に感謝しています。

最後にダウンロードしてプレイをしていただいたプレイヤーの皆様へも御礼申し上げます。

バグなどの不具合がありましたらメールやコメント欄でお気軽にしらせていただければと

思います。

それでは、また次回。
posted by ハザマダ at 20:35| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

自作ゲームをベクターに登録しました

長年の懸案であった自作フリーゲームが遂に完成しました。

タイトルは「方舟 -Road To Paradise-」 RPGツクールVXACE製です。

全く持って凝ったゲームデザインではないのですが後半の話を考えるのにだいぶ苦労しました。

しかし、まあ、どれくらいの人にプレイしていただけるかはわかりませんが、

一応、処女作を世に出したという達成感はひとしおですね。

プレイ時間は8時間程度を想定しています。

イベントというかシナリオを最優先につくりました。

最も割を食っている部分はおそらくマップデザインでしょうね。

群像劇になっていて主人公を含めパーティメンバーが目まぐるしく

入れ替わっていきます。意外なキャラが主人公になったり、という楽しみ方ができそうです。

よってネタバレは避けたいところです。

世界観としては超高度な文明が滅び去って千年後の荒廃した世界が舞台。

主人公たちは一つの大きな村に暮らしていたのだが地下からの方舟の発掘によって村は崩壊。

村人たちの生き残りは方舟に乗り込み、

襲い掛かる帝国軍やモンスターの蔓延る方舟内部の謎に挑んでいく……。と

言った感じです。詳しくはベクターで正式に配布されるようになってから

また記事を書こうと思います。その時にはリンクも張っておきます。

では、今日はこんなところで。

posted by ハザマダ at 00:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
ブログパーツUL5

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。